忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブラジルのゲットーでゴミ拾いをしてその日暮らしをする貧困層が悪に立ち向かう社会派ヒーロー映画です(半分誇張)。

リオデジャネイロでゴミ拾いをして生きる3人の子供達が、ひょんな事から財布を拾った事で腐敗した悪の陰謀に気づき立ち向かう決意をするといった内容で、社会派ドラマ、サスペンス的な色合いもありますが俺個人の感想としては娯楽映画としても面白く、やはり腐り切った外道共に敢然と立ち向かう正義の映画として評価したい所です。

腐敗の頂点を極めるヴィランは言うまでも無く汚職政治家、そして世間的にはとりあえず警察などと呼ばれている人殺し集団で、主役の子供もまた警官等と自称する腐れヤクザ共による拷問を受け殺されかけたりと、本作で描かれるポリ公のクズどもはうちの漫画で描かれるような事を地で行う鬼畜サイコパス殺人鬼以外の何者でもありません。

ブラジルのゲットーではこういった権力者どもの腐敗が実際に日常茶飯事で、本作で描かれているような事もある意味ノンフィクションと言えそうなんですが、最終的にはキチンと悪党どもが裁かれる辺りはやはりフィクション、ファンタジーな感じです。現実世界では今も外道どもが我々を支配し腐ってやがりますからね。ファック!

アラン・ムーアの提唱するスーパーヒーロー像をそのまま踏襲するかのように悪に立ち向かう、まさにリアル・ヤングアベンジャーズです。後半で悪徳ポリ公の銃を奪い頭に突きつけるも、結局引き金を引かなかったのもシルバーエイジの非殺生ヒーローのようです。悪党をブチ殺してもらいたかった半面、「俺は貴様等のような人殺しじゃない!」とでも言いたげな態度は実に熱かったですな(笑)。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]