忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クソ久々にブログ更新と言うか映画感想です(笑)。


サン=テグジュペリの「星の王子さま」を原作にCGアニメーション化したフランス映画で、「カンフー・パンダ」のマーク・オズボーンが監督をしており、原作はまったく知らんのですがとりあえずファンタジー映画と見せかけてなかなかに拝金主義の腐敗した現代社会、腐った権力者どもによる資本主義、ブラック企業を皮肉るパンクな面が見られる、子供向けながらに本格的なディストピア映画になっております。

カネが全てと風潮し、市民を物言わぬ奴隷として労働させ搾取するブタどもが支配する、今我々が住んでいるこの時代と大して変わらん世界が舞台で、主人公の少女は母親が敷いたレールの上で生きる事に疑問を持たず過ごして来ましたが、引っ越してきた隣の家に住む飛行士の老人に次第に影響され、人間性を取り戻していきディストピア世界にNOを突き付けるようになる・・・というのがおおまかなあらすじで、そこに「星の王子さま」要素が絡んでくる感じです。

このまま徹底的に反体制的な内容を突っ走り、資本主義、ブラック企業がいかに悪であるかという事を追求しまくった脚本になれば良かったんですが、そこはファンタジー映画というかフランス映画だけに、後半でメタファーを込めつつも非現実的な世界に突き進んでしまい、どうしてそういう展開になったのかとか、母親の改心(?)についてイマイチ触れられていない等アラがあり、纏め切れていないもどかしさがあるんですが、それでも少女と老人の交流は繊細に描かれており、もうちょっと腑に落ちる展開にしてくれたら名作になったでしょうなぁ・・・!


本作を観た子供は間違い無く資本主義、ブラック企業を悪と見なし反体制的なパンクスに育つでしょうね(笑)。それだけでも本作の価値は十分以上にあるかと思います。腐った政府、企業のいいなりにならない若者が増えればクソッタレな世の中も改善されるだろうぜ!資本主義、拝金主義はファックだ!自由に生きようぜ!

そんな本作、欲を言えば主題歌をピンク・フロイドの「マネー」にしてくれたら皮肉がさらに利いて良かったのに(笑)。
PR
ヘイメン!ヘルイェー!マザーファッカー!ついにスタートしちまったぜサノバビッチ!俺のキャリアの集大成(?)、COMIC HAND JOBのシーズン2だぜファッキンベイビー、俺のタマをナメやがれってんだおフェラ虫ども!こいつはケツの穴だぜ!

サブタイトル「プッシーメタル シビル・ウォー」が示す通り、近代ヘヴィメタルシーンにおいて賛否分かれるアイドルメタルと、マーベルコミックの一大イベント、シビル・ウォーを無理矢理ファックさせてオマンコからオギャアとひり出したかのようなファックでファンキーなストーリー、ケツの目で読んでくれよなキッズ、こいつは最高だぜ!

キャプテン・アメリカがシビル・ウォーにおいて反体制側に付いたように、俺も個人的には反体制だしアイドルメタルもクソ食らえだと思っているが、出来る限り中立な立場で描いたつもりなんで、メタルファンはそこもネタとして楽しんでくれ!賛成派の言い分も判るだろ?チンポコとマンポコ、どっちが良いかなんて決められるわけ無いもんな。


今回のエピソードはシーズン1よりかは短く、半分くらいの長さで終わるけど、その後もシーズン3、シーズン4と続いていくんで、引き続き俺のクレイジーなコミックをファックしてくれよ!ロックンロール!
タイトルにあるように、シルヴェスター・スタローンが登場するインド映画と言う事で、インドらしいとんでもない滅茶苦茶バカコメディー映画を期待して観たんですが、まぁものの見事に駄作・・・いやそれ所か個人的ワースト1クソビッチ映画「スプリング・ブレイカーズ」とタメを張るレベルの最悪のクソビッチ映画でしたわ!

とにかく男を見下し嘲笑い調子こくサイコパスのクソビッチが死ぬほどウザいクソ映画で、ハリウッド映画のスタントマンをやっているインドの男が主役なんですが、最初はさんざん主人公を罵倒し、スタントマンの人権すらをも否定するような発言ばかりを繰り返すクソビッチが生意気にも医者の卵で、スタントで事故った主人公の手術にミスり、体内に腕時計を残すと言う不祥事を揉み消すため、保身のために今度は主人公を手玉に取り利用し騙し裏切りやがり、それでいて最後は主人公と何故か結ばれるみたいな意味不明過ぎる展開でついていけないし、ついて行きたくも無いわこんなん!ふざけるなファックビッチ!こんなサイコパスのクズ痛い目見ねぇとダメだろうが!正義は無いのか!!

これで最後に主人公の熱い復讐が始まり、クソサイコパスビッチが顔面ズタズタに引き裂かれて見苦しく死んでくれればガッツポーズモノだったんですが、インド映画にそういう要素は流石に求められませんな・・・!スタローンの出番も僅かながら最後にアクションを披露してくれますが、ぶっちゃけいらないアクションシーンで消化不良、タイトル詐欺もいい所です。

インド映画、ボリウッドは大好きなんですが、こんなクソサイコパスキチガイビッチ映画で「インド映画ってこんな程度か」と思われるのはマジ心外ですわ!俺がビッチ死ぬほど嫌いなのを差し置いても駄作だ!ファックビッチ!男をナメるなクソが!顔面抉られて死んでしまえ安物売春婦が!!
半年に渡って更新し続けてきた本格的連載モノの大作、“COMIC HAND JOB”もこれにてようやくシーズン1完結さ。実にバカバカしくロックでパンクなコミックだったぜマザーファッカー!どうだい?俺のケツをナメた気分だろキッズ、ロックしてくれたかい?こいつはファックだな。最高のファックだ。

そんなわけでシーズン2、シーズン3とやっていくんで、今後も俺のケツの穴をファックするような気持ちでこのコミックをファックしてくれ。とりあえず2週間程空けてからシーズン2をスタートするからよ、その時までチンポいじりながら待っててくれよ!


シーズン2のタイトルは「プッシーメタル シビル・ウォー」だ。丁度キャプテン・アメリカの最新映画が「シビル・ウォー」だからな。タイムリーにも程があるぜ!一体どんな内容になるのか、チンポの皮伸ばしながら想像してくれよファッキンベイビー。俺のタマをナメやがれ!
ネオクラシカル様式美メタルの開祖、ニコロ・パガニーニを題材にしたロック映画(?)です。


悪魔に魂を売って得たとされる超絶技巧を誇るヴァイオリニスト、パガニーニをガチのヴァイオリン奏者であるデイヴィッド・ギャレットが演じていますが、その佇まい、ステージング、プレイ等どこからどう見てもHM/HRミュージシャンにしか見えず、クラシック映画でありながらメタル者こそ楽しめるであろうヘヴィメタル映画となっております(笑)。ネオクラシカルなシュレッドを存分に楽しめますし、日本が誇るテクニカルメロパワバンド、ガルネリウスの名前の元ネタになったヴァイオリンの名器も出てきます。

そういうワケでパガニーニがヘヴィメタルに絶大な影響を与えた事を製作側が知ってか知らずか、19世紀前半の話でありながら近代ロックビジネス、ロックシーンを髣髴とさせるシーンが多々見られます。

女遊び、クスリにバクチとロックスター丸出しのパガニーニに始まり、バンド、ミュージシャンを食い物にして荒稼ぎする悪徳マネージャー、マリリン・マンソンのライヴを妨害するようなノリでパガニーニのギグを邪魔するクソッタレキリスト原理主義者のレイシストババァども、カネの匂いに敏感なマスコミ連中にライヴで興奮して失神するバンギャと、今のロックシーン、音楽シーンそのまんまなシーンが多く、今も昔も業界の腐敗は変わっていないのだと思い知らされます(笑)。


ネオクラ様式美と言えば、言わずもがなのスウェーデンが生んだ豚貴族ことイングヴェイ・マルムスティーンがパガニーニフレーズをそのままギターに持ち込んだ事によって生まれた、テクニカルギターの聖典みたいなモンで、近代メタルギタリストは大体誰もが直接的、間接的にその影響を受けております。

近代メタルコアもデスコアも、カオティックコアだろうとDjentだろうと、ギターを速く弾くメタルであれば多かれ少なかれイングヴェイ、ひいてはパガニーニこそ源流だと言えるでしょう。俺も昔ギターを触っていた頃はハーモニックマイナーのシュレッドをそれなりに練習してたモンです。「ライジング・フォース」が弾けなくて挫折したんですが(笑)。

その影響力たるや台湾映画「セデック・バレ」の監督で、「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」にも携わったウェイ・ダーションがそれ以前に撮った「海角七号 君想う、国境の南」でそんなフレーズをギターで弾く奴が出てくる程です(笑)。台湾と言えば最近メタルが普通に熱く、Minstrel 吟遊家なんか「台湾のガルネリウス」等と言われており将来性抜群ですね。日本にも来て欲しいモンですわ!
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]