忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネット市民には何かと嫌われまくりの韓国による映画です。

ラジオの生放送中にテロリストの爆破予告を受けたキャスターが己の野望のためテロを利用し数字稼ぎを企むも、事態は二転三転していくといった内容で、最初はマスコミを徹底的に批判しまくった映画かと思いきや、上には上がいるもので、それ以上に政府が腐敗している・・・といった感じで、ソリッドシチュエーションスリラー的な面を持ったバリバリの反体制映画となっております。俺みたいな権力者嫌いのパンクスにオススメな良作です。

マスコミも豚ですが、当然ながらその上に君臨する政府、官僚が腐敗の頂点を極めたゴミクズだと言うのは幼稚園児でも知ってる事実中の事実で、てっきりマスコミ内の人間か政府側の奴等が犯人かと思っておりましたが、意外にもそこはストレートな結末でした。

ぶっちゃけツッコミ所も満載で、爆弾の仕掛け方等どう考えても内部の人間かもしくは政府、軍の連中の仕業としか思えず、そこがミスリード的な感じになってましたが、犯人の動機には我等社会的弱者であれば共感出来るものでしょう。とは言え当然ながらテロは許されざる行為であり、無関係の人間を巻き込み平気で殺すような外道はゴキブリを踏み潰すようにブチ殺すべきだと言うのは今や日本人でも周知の事実です。

終始高圧的なファッキン国防長官がおっ死んだシーンでは大笑いし気持ち良くガッツポーズ出来ましたが、もう一人の悪党であるキャスターの上司が数字稼げた事に満足し笑って引き上げ死ななかったのが実に惜しいです。このクソの脳漿が飛び散る所も見せんかい!

主人公のキャスターも最後はテロに共感しファイト・クラブ的な空気で幕を下ろすんですが、元はテロを利用して数字稼いでのし上がろうと企んでいたクズです。

この映画に出てくる奴等はテロの被害者を除きもれなく全員がクズであり死んだほうがいい連中です。政府、官僚も警察もマスコミもテロリストも結局はテメェのエゴで弱者を犠牲にしてマスをかく心底腐った連中だ!死ね!全員死んでしまえ!ファック!ファーック!マザーファッカー!
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]