忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HM/HRの祭典、LOUD PARKに行ってきました。

毎年行ってる恒例行事みたいなモンで、今年は特に参加バンドのメンツが良く、いつになく満員でアリーナ席が入場規制かかる程で凄まじく熱かったです。

初日のスレイヤー、二日目のメガデスも良かったですが、個人的にベストだったのはアーチエネミーですね。俺等メロディックデスメタル者にとっての青春、ヨハン・リーヴァが見れたのがたまんねぇです。俺もカラオケでアーチエネミー歌うときはヨハン意識した後ノリダミ声ですからね。初期3枚をオナニー覚えたてのサルみたいに聴きまくってた学生時代を思い出しましたよ(笑)。

見てくれだけで中身の無いクソッタレ嬢メタル、アイドルメタルなんざでは無くホンモノを聴くべきです。LOUD PARKにはホンモノのメタルが集うんで、HM/HRに興味があるなら一度は足を運ぶべきでしょう・・・。まぁ過去に一度クソッタレアイドルメタルが出腐りやがった時があるんですが(笑)。
PR
ヘイル!ヘイル!へイルアンドキル!へイル!へイル!へイルアンドキル!アザ-バンプレイ、マノウォーキル!!!アザーバンプレイ、マノウォーキル!!!!!



そんなわけでKINGS OF METAL、MANOWARのライヴを観に行って来たぞォォォォォォォーーーーーー!!LOUD PARKをキャンセルしつつもそれを埋め合わせるための振り替え公演!去年キャンセルしたキング・ダイアモンドが結局日本でライヴをやらぬままなのに対し流石は侍の魂を持つトゥルーメタラー!!2日開催のうち自分が足を運んだのは2日目である30日のほうなんですが、両日観に行きたかったと思わせる最強のライヴでした。

MANOWARは絵の勉強を始めた頃・・・10年位前から愛聴して来た青春のバンドです。過去に来日経験もありますがそれは20年以上前で、まさか今このタイミングで来日公演をお目にかかれるとは思ってもおりませんでしたね。人間生きてるといい事もあるってモンです(笑)。

MANOWARは80年代から活動する大ベテランなんですが、徹底して信念を貫き時代の流れに決して迎合せず正統派HM/HRを今日まで貫き通す、ウォッチメンのロールシャッハのような精神的「超人」と言えるバンドです。「偽者のメタルに死を!」「ヘヴィメタル以外のメタルはいらない!」と豪語するその姿勢は我々モノ作り、芸術活動を志す人間にとって大きな指針となるものでしょう。

80年代のLAメタル、90年代のグランジ、オルタナ、モダンヘヴィネス、そして2000年~現代のピコリーモやら嬢メタル、アイドルメタルやらと今も昔もMANOWARの言う偽メタルが蔓延る中、それに徹底してNOを唱えるその姿勢!まぁ俺は嬢メタル、アイドルメタルを除いて嫌いじゃないんですが(笑)、それはともかく己の信じた道をただひたすらに突き進むMANOWARの姿勢は是非とも見習うべき漢の生き様です。

俺もMANOWARに習って絶対妥協はしないぜ!売れ線のくだらない萌えマンガやらヴィジュアルイケメン中二病マンガなんざ絶対やらねぇ!マスカキしか脳のねぇオタク共に媚びた二次創作なんざクソ食らえだ!いくら不人気だろうと俺は俺の道を行くんじゃい!!俺はマノウォーリアーだ!1000人分の力があるんじゃ!MANOWARのTシャツを着たら無敵じゃ!!!(爆)
HM/HR好きにしか共感出来ない話しますが、国内メタルフェスLOUD PARKの今年のトリであり全てのトゥルーメタラーが渇望してやまない我等がMANOWARがここに来てキャンセルし腐りやがったじゃねーかマザーファッカー!

去年もトリのハズのKING DIAMONDがドタキャンしやがって著しく評判を落とした同フェスなんですが、今年も同じようなポカをやらかしやがってマジでクソ信じらんねえですわサノバビッチ!去年からメタルフェスのハズなのにアイドルなんざ出場させやがってその時点でクソムカついておったんですが、今年は輪をかけて最低ですわこんなん!メタラーナメてんのかクソが!呼び屋のクリエイティヴマン通称クリマンは腐れヤクザだ!

実は06年の初開催から毎年欠かさず足を運び命の洗濯しておりましたがそれも今年で終わりだクソカスが!来年からは
KNOTFESTがメタル要素強めてやればいいんだ!客騙して調子こくヤクザ商売が通用するのも今のうちだけだファック共!クリマンの責任者は地獄でテメェのナニ切り落とされてそいつでレイプされちまえ去勢チンポカス野郎が!
前の更新から3ヶ月くらい過ぎてもう誰も見ておらんでしょうが、Rhapsody of Fireのライヴに行ってきたぜこの野郎!

イタリアが誇るシンフォニックメタルの帝王!クサメタラーであれば誰もが通過する、映画で言う所のバック・トゥ・ザ・フューチャーとかエイリアンとかインディ・ジョーンズとか、その辺のクラスの超大物バンドが何と12年振りに来日!前回は行かず次なる来日を今か今かと待ち続けて12年、ようやくRhapsody of Fireを見れたぞマザーファッカー!

演奏はクソタイトでファビオのヴォーカルもクソ上手く、圧倒的な伸び、パワー、時に見せるオペラティックな朗々とした歌唱等もう非の打ち所の無いライブで最高でしたね。セットリストもベスト的な選曲で、ラストは代表曲Emerald Swordで盛り上がりまくりオーディエンスも合唱しまくりでまさに至高の一時でした。LOUD PARKも今年の面子は強烈極まり無く、まさに今年はライヴの年と言えるでしょうなこの腐れマンコ野郎!寿司おごれ!


バリバリの平日ですが、先日3日に国産ミクスチャー・ラウドロックの超実力派バンド、マキシマム ザ ホルモンのライヴを観てきました。

ハコは新木場にあるスタジオコーストで、前座と言うか対バンは今人気らしいSEKAI NO OWARIなんですが、個人的にSEKAI NO OWARIにはまったく興味無いんで(爆)本日は完全ホルモン目当てです。

常日頃から日本のバンドで最も好きなのはXとDIR EN GREYとマキシマム ザ ホルモンと豪語しているんでマジで楽しみでしたね。特にホルモンはその音楽性のみならず精神性にもガッツリと影響受けまくってるんですが、まぁうちの漫画読んでくれててなおかつホルモン好きな人なら判ってくれるかと思います(笑)。

今年の夏にリリースされた新譜“予襲復讐”に伴うツアーなんで、新譜からの曲が大半を占めており当然のようにクソ盛り上がりまくりましたね!何気にホルモンは前のアルバム“ぶっ生き返す”のツアーも観ており、その頃は俺も若かったんでガンガンにモッシュしまくってました(笑)。それ以降もパンクスプリングとかでホルモンライヴは観ているんですが、単独ツアーを観に行くのは実に6年振りです。

演奏もすこぶるタイトでMCも面白く、会場の熱気は半端では無く久々に燃え尽きましたね。メタルのライヴもヘドバンとかで熱くなれるんですが、やはりパンク、ラウド系のほうが盛り上がりにかけては上です。バンドも熱けりゃオーディエンスも熱い!これぞ理想のライヴです。ホルモンファンの事をバンド公式で「腹ペコ」と称するんですが、俺もそんないち腹ペコとして心底楽しめました。ホルモンには激しいシンパシーを感じております。俺も負けてらんねーぜ!
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]