忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルにあるように、シルヴェスター・スタローンが登場するインド映画と言う事で、インドらしいとんでもない滅茶苦茶バカコメディー映画を期待して観たんですが、まぁものの見事に駄作・・・いやそれ所か個人的ワースト1クソビッチ映画「スプリング・ブレイカーズ」とタメを張るレベルの最悪のクソビッチ映画でしたわ!

とにかく男を見下し嘲笑い調子こくサイコパスのクソビッチが死ぬほどウザいクソ映画で、ハリウッド映画のスタントマンをやっているインドの男が主役なんですが、最初はさんざん主人公を罵倒し、スタントマンの人権すらをも否定するような発言ばかりを繰り返すクソビッチが生意気にも医者の卵で、スタントで事故った主人公の手術にミスり、体内に腕時計を残すと言う不祥事を揉み消すため、保身のために今度は主人公を手玉に取り利用し騙し裏切りやがり、それでいて最後は主人公と何故か結ばれるみたいな意味不明過ぎる展開でついていけないし、ついて行きたくも無いわこんなん!ふざけるなファックビッチ!こんなサイコパスのクズ痛い目見ねぇとダメだろうが!正義は無いのか!!

これで最後に主人公の熱い復讐が始まり、クソサイコパスビッチが顔面ズタズタに引き裂かれて見苦しく死んでくれればガッツポーズモノだったんですが、インド映画にそういう要素は流石に求められませんな・・・!スタローンの出番も僅かながら最後にアクションを披露してくれますが、ぶっちゃけいらないアクションシーンで消化不良、タイトル詐欺もいい所です。

インド映画、ボリウッドは大好きなんですが、こんなクソサイコパスキチガイビッチ映画で「インド映画ってこんな程度か」と思われるのはマジ心外ですわ!俺がビッチ死ぬほど嫌いなのを差し置いても駄作だ!ファックビッチ!男をナメるなクソが!顔面抉られて死んでしまえ安物売春婦が!!
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]