忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカで最も有名なフィクションのキャラクター、スーパーヒーローの映画です。どれくらい有名かというとストーリー中で殺された際マジで新聞やニュースになるほどで、過去にも一度映画化されていますが本作は最新の映画です。マーブル界のスーパーヒーロー大集合企画「ジ・アベンジャーズ」に向けての前哨戦的な一本ですな。

ストーリーはまさしくキャプテン・アメリカのオリジン(ルーツ)を丁寧に追いかけて行っている感じですが一部設定が異なっている部分があります。アメリカがナチスドイツに手こずっていた第二次世界大戦中、意志だけはバリバリの右翼ですが体格があまりにも貧弱なモヤシ野郎だったスティーヴがその意志の力を買われ超人的な肉体を手に入れる極秘計画に参加、見事にバリバリのマッチョガイに変身を遂げますがその直後超人血清をナチのスパイに奪われ博士は殺されてしまいますがその後はアメリカの意志を体現するスーパーヒーロー、キャプテン・アメリカとなり戦場に赴く・・・のではなくプロパガンダのためのマスコットキャラクターとして宣伝活動に従事しなければならなくなる・・・といった感じでストーリーは進行、原作と異なりナチスをも越える野望を抱いたヴィラン、レッドスカルも勿論登場しラストはバトルを繰り広げますが・・・前半のオリジンは非常に丁寧に描かれておりダレる事無く楽しめるんですが後半のバトルに入ってからは非常に大味な展開になってしまい面白味が見事に消滅、ただのダイジェストのようなストーリー運びでひたすらに退屈です・・・!(爆)

派手なアクションが売りのスーパーヒーロー映画にあってドラマパートのほうがバトルシーンより優れているというのは本末転倒と言うか何というか、実に惜しい仕上がりでそこを何とかしてもらいたかったですな・・・!まぁキャップは目からビーム出したり空飛んだりとかは無理ですからね。盾で身を守ったり盾を投げたりするのが戦闘スタイルなんでどうしても地味になってしまうのは致し方無い所ですかね。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]