忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

物議を醸し出しまくったキワモノゲテモノ映画の待望の続編です。

キチガイ映画を謳いつつも意外と小奇麗ですらあった前作と比べて明らかにアングラ要素、変態要素が増しており前作の感想でも書きましたがウンコ意外全てモノクロで余計に邪悪さ、汚らわしさを増しております。

前作のサイコ野郎はキチガイでありつつも腕の立つ外科医で、ムカデ人間製造手術等プロの仕事でしたが今回は前作がメタ的になっておりまして、映画「ムカデ人間」を見たキチガイ駐車場管理人が自分もムカデ人間作りたい!と思い立って適当なチンピラ共をバールで殴って誘拐監禁、前作が3人繋げるだけだったのに対し今回は何と12人!しかも外科医でも何でもないただのキチガイ素人なんでその接合手術はズサンもいい所、縫合が無理矢理ホッチキスで止めてるだけなんでウンコが画面に飛び出します(爆)。実に最高です。

しかも今回のキチガイ主人公マーティンは見た目からして凄まじいほどヤバく、チビデブハゲの上に白痴でオシで喘息で包茎という7重苦を背負っておりもはや奇形レベルの醜悪さを見せております。完全に意図的でしょうがパンツ(ブリーフ)一丁になるシーンが妙に多くその汚らしさに拍車を掛けており何とも凄まじい地獄絵図です。演じたローレンス・R・ハーヴェイは本作デビュー前子供番組で人気を博していたらしいですが、そのガキンチョ共に是非とも本作を見せたいモンです(爆)。今後もこの手のキチガイ映画にバンバン出て欲しいですな・・・!

念願のムカデ人間完成時には前作のキチガイ博士同様感極まって涙し、さらにウンコシーンではハイテンションになり全身で嬉しさを表現しますがそれもつかの間、ウンコの悪臭に顔をしかめ自分で無理矢理ケツに下剤打ち込んでクソさせておきながら自分は臭さに耐え切れず吐くという醜態を晒しており笑いを誘います(爆)。アホ過ぎます。

まぁ肝心のムカデ人間制作は映画後半までおあずけなんですが、実際ムカデ人間が完成したらあとはウンコさせる事くらいしかやる事無いんでこんなモンでしょう。バールで殴られ死んだと思われ放置されていた妊婦がマンコから血をダラダラ流しながら逃走、トークンブラックならぬトークンマタニティー(?)で命を拾うも車の中でガキを産みブレーキペダルでガキの頭を踏み潰すシーンを始め、精神科医が車の中で売女にフェラチオさせていたり、母親が寝ているマーティンを包丁で刺し殺そうとしたり、母親の顔面が見事な切株と化したり、マーティンが包茎チンポに紙巻いてオナったり、先頭ムカデの女が反撃とばかりにマーティンのアナルにリアルムカデを突っ込んだり等ムカデ以外にも見所は盛り沢山です(爆)。


このシリーズを撮ったトム・シックス監督にはシンパシーを感じますね(笑)。俺も負けてられないですな・・・!こんな作品を作りたいモンです。完結作とされる500人繋げるムカデ人間3も楽しみですわ!時代はトム・クルーズよりトム・シックスです(爆)。

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]