忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あの「北斗の拳」のルーツとされ、他にも数多くの劣化フォロワー映画を大量に生み出した伝説の愛すべき世紀末B級アクション大作の最新作です。

映画秘宝読者や木曜洋画で育ったボンクラ映画好きが待ちに待った一本で、間違い無く映画秘宝の年間ベストは本作で決定でしょう!正直言ってストーリーらしきモンは一切無く、「ただ逃げて、その後反撃して終わり」と、たったこれだけで説明出来てしまう位シンプル極まりない内容なんですが、このシリーズは荒廃しまくりの世紀末ムード及び頭の悪さが滲み出まくった車のデザインを楽しんでナンボです。ある意味雰囲気モノ映画です(笑)。

世紀末の荒野を疾駆する、知能指数低過ぎな車どもの中でも個人的にインパクト大だったのが後ろにパーカッション4台、前方に巨大アンプ及びダブルネックギター弾いてる奴が乗ってる、闘いにまったく役に立たないヘヴィメタルカーでしょう(爆)。メタラーとしてはあんまギタープレイが達者じゃなかったのが気がかりですが、あの意味不明なインパクトの前では些細な問題です(笑)。クリス・インペリテリでも乗っけておけば良かったんですよ。

良い意味で汚らしく荒くれたヴァイオレンス者ばかりで、シャーリーズ・セロンが坊主頭で奮闘してるんですが、何故か女性陣が美人揃いで荒廃した世界を彩っているのも見所でしょう。敵の親玉イモータン・ジョーよりもヒゲ面でオムツっぽいの付けてた小人のほうが印象に残りましたね(笑)。ツッコミ所も多々ありますが、小難しい事は考えず世界観を楽しむための体験型映画でしょうな!

PR
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]