忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あの伝説の映画、キック・アスのフォロワー・・・と見せかけて実はキック・アスに対する回答とも言うべき一作です。

キック・アスが冴えないティーンエイジャーのギーク野郎がコスプレする映画ならこっちは冴えない中年男です(笑)。美人の妻と結婚できた事だけが誇りの中年野郎ですが、妻はクスリ漬けでケビン・ベーコン演じるギャングに奪われてしまい失意にたった中TVで放送されていたB級クリスチャンヒーローアニメにインスパイアされ、夢の中で脳味噌を開きにされ神の手(グロい触手)にタッチされた事によりヒーローとして目覚めてしまいます(笑)。

赤いコスチュームに身を纏った主人公はヒーロー、クリムゾン・ボルトを名乗りまさにキック・アスがそうしたように町のチンケな犯罪と闘い、失敗を重ねつつも割り込みしただけの奴をレンチでめった打ちにしたりしつつ妻を取り戻そうとします。

途中で美人だけどさらにイカれたヒーローマニアのコミックショップの女店員に正体がバレ、勝手にサイドキック(相棒)になられたりしつつ最後は妻を奪ったギャングのアジトに乗り込んでいく・・・と言う内容なんですが流石にキック・アスと対局を成す映画だけにただのハッピーエンドにはならず後味の悪さを残していきます。

勝手に相棒ボルティーとなった女店員は凄まじくエロく、ロリコンの星ヒットガールとまさしく対を成す感じのキャラクターになっているんですがヒットガールが訓練を積んだ最強の戦闘マシーンなのに対しこっちはただのイカれたオタク女なので戦闘力は皆無、そのくせコスチュームを着たことにより何かが目覚めたのか殺しに快楽を覚えるシリアルキラーになってしまい最後はツケを払うかのように頭の半分を吹っ飛ばされおっ死にヒットガールに対する皮肉のような展開を見せるのが印象的でした。

最後は悲惨な後味の悪さを残しつつもポジティヴなムードも漂わせており、キック・アスの二番煎じではなくまさに表裏一体の様相を醸し出すブラックなヒーローコメディで俺はキック・アス超大好き人間なんですがこっちはこっちで十分に楽しめましたね。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]