COMIC HAND JOB BLOG 映画感想 ゴッド・ブレス・アメリカ 忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビル・マーレイの弟で“アーティスト”に出演のジョエル・マーレイ主演のボンクラ映画、映画秘宝系ムービーの新たな星です(爆)。

主人公は冴えない中年のオッサンで日々クソみたいなリアリティー番組や騒音を意に介さない隣人に対しイラつき鬱憤をため込んで暮らしているもある日些細な事で仕事をクビになり、ついに堪忍袋の緒が切れセレブ番組でチヤホヤされてワガママ三昧の腐れビッチを思いあまって惨殺!それを見ていた同じく日々鬱憤を募らせていたヒロインは賞賛し、やがて二人でチームアップし世の中のクズ共を次々に殺していく事になる・・・といったもので、我々のような常に世の中に対してムカついている世代にとってはまさに共感覚えまくりのストーリーとなっております。

ヒロインを演じる新進気鋭の若手女優タラ・ライン・バーはまさに一部のロリコン野郎にとってはヨダレモノの存在感を放っており既に第二のヒットガール、第二のクロエ・グレース・モレッツと評判のようです(笑)。

ストーリー的にはまさしくキックアス以降の映画って感じですが中年のオッサンが狂気を放つと言った点ではむしろスーパー!のフォロワーに思えなくもないですね。ただあっちと違ってこっちはスーパーヒーローでは無く、イカレたコスチュームを着たりはせず生身で行動します。

最後はアメリカン・アイドルの収録スタジオに乗り込み暴れるも二人揃って警官隊に射殺されるという当然の結果というか後味の悪さを残すというか、なかなかにビターな幕切れとなります。

マスメディアが大衆を煽りテレビを使って世間を洗脳、くだらない価値観を押しつけしたり顔でふんぞり返るという、まさに日本のそれとまったく同じ悪の構図が描かれており日本人こそこういう映画を撮るべきでしょうな・・・!マスコミ、権力者はまったくもって害悪だ!くたばりやがれFUCK OFF!
PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]