忍者ブログ
オリジナルギャグwebコミックサイトCOMIC HAND JOBのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」を観ました。コテコテのアメリカンコメディーと呼べるスタイルの映画で似たような便乗邦題の映画もありますが、まぁそれはともかくタイトルであんま期待せずに観たんですがこれがまたかなりの掘り出し物でビックリ仰天でしたわ(笑)。

内容としては結婚を控えた花婿がダチとつるんで独身最後のハメ外しとばかりにパーティーするんですが次の日起きたらその時の記憶が酔いすぎてすっかり消えており、ホテルのトイレにトラはいるわ見知らぬ赤ん坊までいるわ花婿は消えているわ、車を持ってきてもらったらなぜかパトカーだったわで大変な状況だと悟り、消えた花婿と前日に一体何があったのかを必死で捜すといった話なんですが、適度にドギツい下ネタを織り交ぜテンポ良く展開していきそれでいてキッチリと下敷きとなるストーリーがある上でギャグを連発するので観ていて実に心地よく時間がたつのも忘れてハマってしまいました(笑)。

パロディー系のコメディーにありがちな、ギャグを見せるのが先に立ってストーリーがいい加減だったりする内容だと個人的にはどうにも楽しめないんですが本作はそうではなくストーリーが第一になっているのが良かったですね。ギャグ優先モノだとまるでくだらない児童マンガを実写でやっているような気がして引いてしまうんですな・・・。

キャラクターもビンビンに立っており主人公格の4人がそれぞれ愛着持てる描写が施され、特にヒゲ&小デブのアランがめっちゃいい味を出してましたね。実際につるむとなると話は別ですが、遠目に見ている分には愛すべき最高の男です(笑)。それとマイク・タイソン(本物!)が本人役で出演しておりこれまた強烈なサプライズでしたね。同じく個人的傑作「ゾンビランド」でもビル・マーレイが本人役で出ており笑いを取ってましたがこの手のサプライズは最近のコメディー系のお約束にでもなりつつあるんですかね!?
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
C.H.J
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]